スタッフBLOG

業務用DVDは短編集が良いという理由

全国の「キッズコーナー」で使って頂いている「キッズコーナーDVD」の特徴は、短編集だということです。

 

なぜキッズコーナーでは短編集が良いのでしょうか。

なぜ長編はないの?

通常の(市販の)DVDは、1つの作品が60~90分程度あるような一つの作品です。

有名なキャラクターの映画も長編ですね。

 

キッズコーナーDVDのように、たくさんの制作会社やプロダクションの短編作品が1枚にまとまっているタイプのDVDは他にはありません。

そして当社では長編の業務用DVDは作っておりません。

 

 

キッズコーナーにDVDを導入を検討中のお客様からもよくこの質問を受けます。

 

「長いの(長編)はないのですか?」

 

 

すみません。ないのです。 😥 

 

 

それは、キッズコーナーや待合室といった「特別な場所」で使うことを考えて企画した専用のDVDだから、なのです。

 

長い時間見てもらうことになるかもしれないから、長編のほうが夢中になってもらえてよいのでは?ということで、先述の質問になるのですが・・・

飽きてしまったらアウト!

長編の映画の場合、その映像が最初から最後まで、見どころ満載で、男の子も女の子も夢中になってくれるものならそれでも良いかもしれません。

 

でも実際は年齢も性別も好みも違う子どもたちが、みんなが夢中になる作品というのは、なかなかないのです。

 

せっかく用意しても「つまらない」と見向きもしなければ、キッズコーナーで上映する意味がありません。

 

その点、キッズコーナーDVDは、楽しい作品が次から次へと始まる構成のため、あらゆるタイプの子どもも飽きずに夢中になれるのです。

人気アニメあり、動物モノあり、鉄道モノあり・・・と、ワクワクしながら観ることができるのです。

それぞれの作品も5分~15分程度なので、集中力のない子どもでも「楽しい」が何度も続きます。

 

 

また夢中になって観ている作品が長編の場合で問題なのは、

「見終わるまでは帰りたくない!」という状況。

それはそれで困ってしまいますね 🙁 

 

用事が済んだらなるべく早く帰りたい保護者の方は、今後は帰らせることに労力を使うという状況になってしまいます。

 

 

誰でもすぐに楽しめて、帰るタイミングを作りやすいという短編集は、キッズコーナー専用だからこその工夫なのです。

 

「キッズコーナー」という特別な場所で使うことを考えると、長編の1作品よりも短編が次々に流れる方が使いやすいというわけです 😀 

オートリピートも、便利!

また、当社のキッズコーナーDVDは「オートリピート機能」も特長です。

 

長編のアニメ映画は、作品が終わると終わった画面で止まってしまいます。

そうなると何も流れていない状況になってしまうため、誰かが再び再生ボタンを押すか、別のDVDに入れ替えて再生するといった操作が必要になります。

 

それを行わないと、真っ黒の画面で止まったままとなり、せっかくDVDを上映する環境を作ったのに、多忙な時こそ「何も上映されていない!」という状況になってしまうのです。

 

キッズコーナーDVDのオートリピート機能は、最後の作品が終わると自動的に最初の作品に戻って自動再生するため、停止操作をするまでは映像が止まることがないのです。

特にスタッフの方がテレビの近くに常駐していない環境の場合、この「オートリピート」がとても役立つのです。

 

実はこの機能が、現場のスタッフの方からとても高い評価を得ているのです。

 

 😀 「1日何度もリモコン操作をする必要がなくなりました」

 

 

 

 

短編集&オートリピート!

 

この2つがキッズコーナー専用設計の大きな特長です。

 

キッズコーナーでDVDを導入する場合は、是非そのポイントをチェックしてくださいね。